子育て

公文書写は上達しないの?辞めたい人や辛い人って本当に居ませんか?

I can't improve in Kumon

 

公文書写6年半という時間労力お金を使ったんだけど、「全く上達しませんでした」という残念な記事です。

 

\ 19万組のママパパの声から生れたアプリ /

くもん公式の無料アプリをゲット

※ 簡単に絵本の記録ができるよ

 

こんな方におすすめ

  •  公文書写で上達してない人
  •  公文書写を辞めたい人
  •  公文書写で頑張られてる先生

 

この記事は、あくまでも我が家の体験談をお話してます。

 

 

公文書写では上達しないの?

 

Kumon Award Certificate

コチラは六年半で貰った賞状の一部です

 

これは、個人差があると思いますが、我が家の場合は、上達しなかったと答えられます。

 

上達しないと思った理由

 

6年半もの期間、お稽古を続けてきた訳ですが、学校内外部受賞歴が一切無いという事です。

 

6年半ですよ?それって、普通に凄い事じゃありませんか?

 

私も、一人目の子供という事で、子供お稽古ごとを、何から始めようか悩んだのですが女の子で、じっと座っていられる子だったので、人生で初めて習わせたお稽古が、公文書写教室でした。

 

 

逆に、じっと座っていられない弟の方は、公文書写教室には、入会できませんでした。

 

先生に何度もお誘いいただいたし、無料体験にも何度も参加させていただいたのですが、結局入会しませんでした。

 

話は戻りますが

娘は、かなり真面目な子なので、毎週欠かさずに公文書写教室に通っていましたし、宿題も、きちんと提出していました。

 

長く続けてみた結果

 

そんな皆勤賞の様な子供でも、学校内の硬筆展書き初め展では、クラス内の金賞は愚か、銀賞銅賞にすら、一度も選ばれませんでした。

 

本当に、悔しい思いを長い間させてしまってしまったのですが、それでも、公文書写の先生には、褒めてもらえるので、頑張って続けるんだ!と意気込んでいたお陰で、公文書写独自の検定試験によって、最終的には、段まで取得した状態にあります。

 

黒帯になっても

 

一般的に、の上のまで習い事でいけば、黒帯みたいなことですから、ある程度、達筆な感じを想像するじゃ無いですか?

 

残念ながら、段まで取得した人の字とは思えない様な字を書いているというのが、現実です。

 

公文書写では上達しない理由がある

 

先ほど少しお話ししましたが、公文書写教室には、独自の検定制度があります。

 

Kumon Award Certificate

 

そちらで、の上のまで取得した訳ですが、公文書写の段を取得した人の現在のリアルな字をご覧ください。

 

これが現実

 

Kids character

はっきり言って、綺麗とは言い難いですよね

 

私も、「もっとこうしたほうがいいんじゃ無い?」など偉そうなことを言ってしまいますが、そもそも、私自身、字が汚くて、娘には、恥ずかしい思いをさせたくないと思ったから、公文書写(硬筆・毛筆・ペン習字)を習わせたんです。

 

本当に、人のことを言えないので、これ以上、娘の字に触れるのは、控えておこうと思います。

 

検定試験

 

公文書写検定制度は、年に2回あります。(夏と冬)

 

その時に、検定料を払って試験を受けるのですが、6年半検定試験を受けて一度も落ちたことがありませんでした

 

 

Kumon Award Certificate

 

優良賞も何回か貰っています。

 

逆に、飛び級もなければ、めちゃくちゃ伸びる時期があったわけでもありません。

 

昔の職種に近い感じで、年功序列に偉くなっていくという、長くやった人が偉いというシステムがありました。

 

Kumon Award Certificate

 

そのお陰で、5年間続けた人には、今までで一番立派な賞状を貰うことが出来ました。

 

この時は、本当に喜びました。

 

の上の段位の賞状も、結構豪華な紙を使われているのですが、それよりも立派な賞状なので飾ると伯がつく感じがします。

 

段位の賞状は飾ってないけど、こちらの賞状は、額に入れて飾ってます。

 

実力とは別の部分で、褒められるというのが、良いのか悪いのか分かりませんが、結果を残したい!受賞させたい!と思って通う方には、ちょっと違うんじゃない?と違和感持たれる方も多いのでは無いでしょうか?

 

公文書写で上達しない教室の特徴

 

Classroom

 

娘が通っていた公文書写教室は

 

通い始めた頃は、生徒さんが20名程度アットホームな感じでしたが、退会する頃には、なんと120名以上の人気の教室になっていました。

 

公文書写教室では、大人も子供も同じ場所で、お稽古するのが特徴で、大人の方とも仲良くなれる、唯一無二のお稽古でした。

 

娘も、お友達が出来たんだ〜というと、私より年上の方を紹介されたこともありました。

 

時間帯が幅広いので、混み合う時間帯を避けて通うこともできるのですが、高学年になってくると、子供同士で約束して通うことが増えたために、どうしても明るい時間に集合するので、教室が一気にマンモス学級化してしまいます。

 

マンモス教室

 

マンモス学級で、先生が1名だったので、そのうちに、サポートしてくださる先生も増えて、2名体制で教室を運営されていました。

 

子供たち(娘の友達の意見も)が言っていたのが、元々いる先生は好きだけど、サポートの先生は「なんか苦手」という話も結構聞きました。

 

途中から、色々な先生がサポートに入ってくださることが増えて、指導方針統一されていないので、違和感を感じて辞めていく友達も数名いました。

 

それでも辞めなかった

 

娘は、公文書写の先生が大好きだったので、辞めたいという言葉は、「試しに1回言ってみた」という出来事以外は、ありませんでした。

 

私自身も、公文書写の先生が、本当に大好きでしたし、先生に会えるのを毎週楽しみにしていました。

 

もちろん、子育て世代が通いやすい立地だったこともありますが、先生の人柄に惹かれて、口コミで、どんどん生徒が集まってしまいました。

 

実際に、我が家でも、そちらの教室を口コミでお勧めしたことがあり、何名か入会されたと伺っています。

 

公文書写で上達しないけど、先生が優しい

 

People holding hands

 

公文書写教室を退会する時

 

先生に会うために6年半も通った、ある種のファンクラブ化してたのですが、時間も、労力も、お金も勿論かかりますので、どこかでケジメをつけて、退会することにしました。

 

退会する時も、「〜しようかなと話し合ってます」「娘は、こう思っているみたいです」など、きちんと話を聞いてくださって、まずは、娘の気持ちによりそって話を進めてくださいました。

 

退会することを告げた瞬間は、「〇〇ちゃんは、当初から通ってくれた特別な存在で、お友達だと思っていました。」と言ってくださり、私も涙なしでは語れません。

 

イベントなどで、他の公文書写教室の先生とお話しする機会もあったのですが、その時も、どの先生も綺麗だし、同じ女性として、とても魅力的に輝いて見えて、私も、こんな女性になりたいなと思える様な存在でした。

 

私も、一時期、色々なことで落ち込んでた闇の時期があったのですが、そんな時に、いつも笑顔で「頑張らなくていいのよ!」と言ってくださってたのが公文書写の先生でした。

 

公文書写の先生は素敵

 

退会した今でも、先生のお姿が目に焼き付いてますし、憧れの女性像です。

 

娘は、公文書写では、字は全然上達しなかったけど、6年半も継続できたという実績を持っていますし、字は汚いけど、一応、も持っています。

 

Pass the certification test

硬筆書写検定の資格試験も取得させていただきました

 

人生の積み上げとして、決して安くはなかったけど、高くもなかったかなと、私は思います。

 

あくまでも、合うか合わないかは、人それぞれなので、相性の良い先生と出会うのが、一番難しいお稽古探しかな?

 

\ 19万組のママパパの声から生れたアプリ /

くもん公式の無料アプリをゲット

※ 簡単に絵本の記録ができるよ

    • この記事を書いた人
    • 最新記事

    みず

    2万人のInstagramアカウントで、毎日お得情報を発信してます。コンビニのお得情報は、毎週更新♪ユニクロ、しまむら、無印パトロール大好きです。良かったらインスタもチェックしてね! \ follow me /

    -子育て

    © 2021 mizu 主婦のヒトリゴト